HOMEQ&A住まいの安全編 >家族の変化や体の変化に対応する住まいづくりのポイントは?

家族の変化や体の変化に対応する住まいづくりのポイントは?

丈夫で長持ちする住まいにすることは言うまでもありません。
そして万一介護が必要になったり、車イスでの暮らしなどにも対応できる、間取り変更が容易な広い生活空間をとることをお勧めします。

可変間仕切りや間仕切り家具で工夫するなどして、あまり細かい部屋をつくらないこと。
設備器具もつけやすく、メンテナンスのしやすい構造にしておくことも必要です。

このような点に最もフレキシブルに対応可能なのは、柱と梁の組み合わせでできている木造軸組構造の住まいです。