HOMEQ&A住まいの安全編 >年をとってからのリフォームで、安全な住まいにできる?

年をとってからのリフォームで、安全な住まいにできる?

木造住宅は、増改築が比較的容易なため、ある程度のリフォームなら簡単にできます。
例えば段差をなくす、手すりをつける、スイッチやレバーなどを安全な型のものに替えるなど。
若く健康なうちは安全な仕様にこだわらなくてもいいかも知れませんが、将来の改造がしやすいように、下地補強をしたり、給配水管を設置するなどを新築時にこころがけておくことをお勧めします。